軽貨物初心者さん解説

【現役軽貨物ドライバー】の僕がオススメしたい台車を紹介します【2023年最新版】

タカシーー

 

軽貨物ドライバーの仕事を始めるにあたり台車の購入を考えているが、どういうものを購入したらいいのかわからない・・・

台車を買おうとしている人
台車を買おうとしている人

 

何も知らずにとりあえず買ってみる金額でもないので、使い勝手のいいオススメ台車を知りたい

 

これから軽貨物ドライバーを始めようとしているあなたに

 

現役ドライバーのわたしが買い間違いをしないように、用途に向けてオススメの台車を紹介します

 

軽貨物ドライバーを始める方に向けた参考記事ですので

本記事とあわせてどうぞ⏬⏬⏬

 

軽貨物スポット便の備品はこれでOK!現役ドライバーおすすめ11選【2023年版】

 

軽貨物の配達の仕事は初心者でも出来るのか・・・現役ドライバーが解説

 

軽貨物【スポット便】に挑戦するあなたにオススメの【台車】はこれ

 

ひとくくりに【台車】といっても、業務内容によって向き・不向きがあります

 

今回オススメする【台車】は特にスポット便に適した【台車】になります

⏬⏬⏬

 

こちらの台車は足踏み式のストッパー付きになっており

 

ロックをかけて、台車が勝手に動き出さない設計になっています

 

そもそもストッパーって必要?

 

台車にストッパーって必要なの?

というところなのですが、こちらは正直賛否両論になると思います

 

荷物を載せている状態で

 

・電話がかかってきた

・荷物の伝票を確認する

・接客時

 

一瞬手を離す場面が必ず出てくるのですが

 

そのような場面ではストッパーをかけておけば

 

台車がコロコロ勝手に動き出すことを防止してくれるので

安全面に関しても有効だと考えています

 

この台車について

 

均等荷重(kg)150
長さ✖️幅✖️高さ(mm)740✖️480✖️145
ハンドルの高さ(mm)850
キャスター径(mm)100
製造国日本
質量(kg)13.7

この【台車】のメリット

 

 

ひとこと「頑丈」です

 

載せる荷物にもよるのですが、特に重量物をのでた場合

・横断歩道

・縁石

・建物の出入り口

 

での段差を通る際に、ウィリーをする場面が必ずあるのですが

 

ハンドルと本体部のつなぎめがガッチリしており、スムーズに運ぶことができます。

 

〜業務中の失敗談〜

軽量を重視した台車を使用していたこともあるのですが、自分の身長ほどある大きさの、かなり重量のある荷物を乗せて横断歩道を渡っていた時の話。

横断歩道を渡り切ったところの段差で台車をウィリーさせたら

ハンドルと本体の繋ぎ目が「ボキッ!!

と折れたことがあります。

大きめな交差点の横断歩道で信号が赤になって、めちゃくちゃ焦ったし、恥ずかしかったです・・・。

今回ご紹介する台車はかなり頑丈なので、そういった場面でもスイスイと運べますよ

 

ストッパーが重宝しています

 

ストッパー(ブレーキ)がついているので

 

・電話がかかってきた

・荷物の伝票を確認する

・接客時など

 

一瞬手を離したい時(本当はあまり良くありませんが・・・)にガッチリとロックをかけてくれるので安心です

 

時々、コロコロ・・・と走っている台車を見かけますが、そのような誤作動を防止してくれます

 

この【台車】のデメリット

 

①頑丈であるが上、とにかく重たい

 

台車自体の重量が13.7kgあるので、かなり重たくて車からの出し入れが結構キツイです

 

わたしが非力だからかもしれませんが・・・

 

静音→微音→異音に変わっていく

 

消耗部品として捉えれば大きな問題ではないと思いますが

 

タイヤ部分は最初のうちはかなり静かですが、使用しているうちに少しづつ異音がし始めます。

 

とはいえ、“音がし始める” 程度なので

 

気にならない方は、許容範囲かと思います

 

この【台車】が向いている方

 

この台車が向いている方は

・スポット便などの業務で、重たい荷物を運ぶ機会のある方

・ストッパー付きの台車で安心を求めたい方

・多少重たい台車でも苦にならない方

 

この台車には向かない方

 

この台車に向かない方は

・台車にストッパーは必要ない方

・車での台車の出し入れをスムーズに行いたい方

・宅配業務がメインで、たまにしか台車を使用しない方

 

宅配メインの方にオススメしたい台車

 

宅配メインの方にオススメしたい台車はこちら

⏬⏬⏬

 

私も使用したことがありますが

・とにかく軽い

・車での台車の出し入れがラク!

・動きがスムーズ

 

といった特徴があります

 

まとめ

 

低価格の台車もたくさんありますが、アレコレ使用してみた感想として

それなりの値段のものを選ぶことをオススメします

 

というのは、低価格のものは全体的に劣化が早い気がします

 

例えば、使用してしばらくすると

・異音が大きくなってくる

・ハンドル部と本体部の繋ぎ目のガタ付きが早い

・動き自体が悪くなる

 

などの不具合が起きるタイミングが早く感じます

 

とはいえ、「どの程度使用するかわからないので低価格で購入したい」

という意見もあると思います

 

ですが、軽貨物の業務で使用するのであれば 

 

荷物の安全面も含めて、最初からそれなりの値段の台車を購入することを

オススメします

 

ご自分の業務に適した台車の購入をしてくださいね!

ABOUT ME
タカシー→
タカシー→
はじめまして
このブログの著者のタカシー→と申します
フリーランスの軽貨物ドライバーをしつつ、ブログの執筆をしています

・ギター歴30年の経験を活かして、初心者さんに向けたギターのノウハウ全般
・著者がふと気づいた生活お役立ち情報
・軽貨物運送に関する初心者さんに向けた情報

これらを発信していきます

奥田民生さんをはじめ、様々な音楽が大好きな中年ブロガーです

どうぞよろしくお願いします
記事URLをコピーしました