生活お役立ち情報

【ネタバレ有】劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の感想。なんだこれ・・・。

タカシーー

 

劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』を観てきました

 

医療系のドラマは好きで今まであれこれと観てきましたが、劇場版を映画館で観るのは初めてかも

 

ちなみに前情報いっさい無しで観に行きました

 

ドラマ放送も1秒たりとも観ていない状態です

 

 

今まで

【ドクターX〜外科医・大門未知子〜】

古くは

【振り返れば奴がいる】

【医龍 Team Medical Dragon】

【コウノドリ】

などなど、医療系のテッパン作品をドラマで観てきましたが

 

あらすじや相関図も見ずにぶっつけ本番で観てきたところ

 

「なんだこれ・・・」

 

という結果になったので、感想を書いていきますね。

 

劇場版を今すぐに観たい方
 
 

前置きや能書きはいいから劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』を視聴する方法を教えてよ・・・

ネタバレなしで楽しみたい!

という方はU-NEXTで視聴できますよ

 

登録していない方でもカンタンにできますので、こちらからリンクにジャンプしてみてくださいね!

 

まずはドラマ版から観たい方
 
 

劇場版を見る前にドラマ版を観たいんだけど、どこで観られるの?

という方はAmazonプライムで視聴できますよ

Amazonプライム会員なら今すぐに視聴できますよ!

 


Prime Video

Amazonプライム会員でない方は、とても簡単ですのでこの際にどうぞ

  

あわせて読みたい
【ネタバレ有】映画「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」の感想
【ネタバレ有】映画「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」の感想

 

劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』 あらすじ

 

あらすじです

 

横浜が、炎に包まれる―― 前代未聞の緊急事態発生。 地上70階、取り残された193名。

【TOKYO MER】―― オペ室を搭載した大型車両=ERカーで事故や災害現場に駆け付け、
自らの危険を顧みず患者のために戦う、都知事直轄の救命医療チームである。
彼らの使命はただ一つ…『死者を一人も出さないこと』。
横浜・ランドマークタワーで爆発事故が発生。数千人が逃げ惑う前代未聞の緊急事態に。
「待っているだけじゃ、救えない命がある」チーフドクター・喜多見はいち早く現場に向かうべきと主張するが、厚生労働大臣が新設した冷徹なエリート集団【YOKOHAMA MER】の鴨居チーフは「安全な場所で待っていなくては、救える命も救えなくなる」と真逆の信念を激突させる。
地上70階、取り残された193名。爆発は次々と連鎖し、人々に炎が迫る!混乱のなか重傷者が続出するが、炎と煙で救助ヘリは近づけない。まさに絶体絶命の危機…
さらに、喜多見と再婚した千晶もビルに取り残されていることが判明。
千晶は妊娠後期で、切迫早産のリスクを抱えていた…

絶望的な状況の中、喜多見の脳裏に最愛の妹・涼香を亡くしたかつての悲劇がよぎる――
もう誰も、死なせはしない。

命の危機に挑む医療従事者たちの、勇気と絆の物語。
劇場版 TOKYO MER〜走る緊急救命室〜公式サイト

 

私のように観ていない方は

 

「なんのこっちゃ・・・」だと思うので

 

より簡単に説明すると

 

東京都知事直轄の救命医療チーム VS 厚生労働大臣率いる横浜の救命医療チーム

のはなしです。

 

東京と横浜の両医療チームが、大混乱した地獄絵図のような現場で救命医療を繰り広げて行く・・・

でもさ、チームワークのかけらもないこんな状態で人命救助なんてできるの!?

下手するとみんな死んじゃうよ!?

 

みたいな話です!

 

ちなみに私はあらすじも相関図も、全く知らない状態で観ました

 

唯一の情報として

 

・東京の救命医療チームと横浜の救命医療チームの間で一悶着がある

・鈴木亮平さん演じるお医者さんが、仲里依紗さん演じるお医者さんと再婚している

 

この2つだけ。

 

いや無理があるだろう

この情報だけでいきなり劇場版を観るなんて・・・

 

劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』の感想(注意:ここからネタバレ有)

では、さっそく感想を書いていきます。

ここからはネタバレがあるので注意して下さい。

 

ずっとドキドキして前のめりになる

 

映画が始まっていきなり炎上している飛行機のシーンです。

 

「え?これ洋画ですか?」という印象。

 

『鬼滅の刃』で、鬼との戦いをずーーっと見守っている感じ・・・

 

「鬼滅の刃、観たことないし・・・」という方は

 

戦隊モノのヒーローが変身してから敵と戦うシーンを、ずーーっと見ている感じ・・・。

 

それもわからない場合は、相撲の取り組みの土俵際をずーーっと見ている感じ・・・。

 

とにかく、ドキドキとワクワクが交互にやってきますので、かなりカロリーが消費されますよ!

 

つまり「一息入れて観ていられる時間がほとんどないかも」ってくらい、ずっと緊張していました。

 

本編が始まる前の『NO MORE 映画泥棒』の段階で、半分近くまで食べ進めていたポップコーンですが、本編中はあまり食べずに結局食べ残して持ち帰りました。

 

本編を見ている間は、ちょっと目を離すとストーリーがわからなくなりそうなので、注意が必要かもです

 

私も必死で観ていたので、目がキマりまくっていたはず。

 

 

劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室』のストーリー

今回ほど前情報いっさい無しで映画を観ることってかなり稀なので

「どこまで理解できるかな?」

と思って観ましたが、冒頭の炎上する飛行機での救出シーンでは、

 

千住(要潤)率いる東京消防庁のレスキューチームとTOKYO MERのメンバーが連携して救助活動を行うところを見ていると、

 

「なるほど、ここはいい関係なのね」ということがわかる。

 

混乱する現場に喜多見(鈴木亮平)が登場した時のヒーロー感に「ステキ・・・」ってなってしまった

 

再度言いますが、前情報いっさい無しです。

ヒーローの登場で爽快になりつつ、厚生労働大臣の両国(徳重聡)のキャラにイライラ

 

「結局、日本の官僚ってこうなのかな」とか思ってみったり、感情がグラグラする中で

 

厚生労働大臣率いる救命医療チームYOKOHAMA MERの登場

「なんだこの鼻につく連中は・・・キライ!!」

 

鴨居医師(杏)のエリートキャラ、めちゃくちゃハマり役でいい感じでしたねぇ。

 

止まらない炎上と爆発で本当に目まぐるしくて気持ちが休まらない!

 

まあでも結局最後は東京と横浜が結束して、現場から離れてしまった音羽(賀来賢人)が現場復帰して最後は「めでたしめでたし」なんでしょ・・・絶対そうなるよ、うん。

 

・・・は私の希望。

 

結局ハッピーエンドがいいよ

 

最近はハッピーエンドはトレンドじゃないようで変化球が多いけど、結局モヤモヤする・・・。

 

付き添いで行った今回の鑑賞。

「まぁ流行ってるみたいだし、どんなもんか観てみますか〜」

くらいの感じのはずが、気がつけば鼻水を垂らしつつ、目からはジンジャエールがたくさん流れ出ていました。

 

見事なハッピーエンドでスッキリでした!

 

「劇場版を語る前にドラマを観なさいよ」と言われそうですねww

 

ドラマ、全部観ます

 

絶対観ます。

 

 

 

 

なんならドラマをしっかり観つつ、もう1回劇場版を観たいけど間に合うかな。

 

 

相関図だけは知っておいた方がいいかも

 

私のように前情報いっさい無しの初見でもかなり楽しめるけど、相関図を知っておくともっと楽しめると思いますよ。

 

鈴木亮平さん、かっこよかったなぁ。

 

ちなみにドラマ版の相関図はこちらから観られますよ

 

 

まとめ ハッピーエンドでよかった

 

かなりのカロリーを消費した本作品。

 

本当にハッピーエンドでよかった。

 

この展開で変化球でこられたら「この2時間のフラグで消費されたカロリー、どうしてくれるのさ!!」ってことになっていたと思います。

この論争には賛否両論ありそうだけど、私は本当にハッピーエンドでよかったし

「なんだこれ・・・」

ただの最高作品じゃないか・・・」

「本当に観てよかった」

と心から思える作品でした。

 

前情報いっさい無しでここまで堪能できたので、ぜひ観てみてくださいね。

 

TOKYO MER〜走る緊急救命室〜劇場版を今すぐ見る!!

劇場での上映が終了して、いよいよ配信が開始されました!

お手元のスマホやタブレット、ご家庭の大画面テレビで、TOKYO MER〜走る緊急救命室〜劇場版』が観られますよ!

 

U-NEXT登録済みの方なら今すぐポチっでOKです。

 

U-NEXTに登録していなくても、スマホで簡単に登録できますよ♪

今なら31日間無料トライアル中なのでお得ですよ

 

 

 

ABOUT ME
タカシー→
タカシー→
はじめまして
このブログの著者のタカシー→と申します
フリーランスの軽貨物ドライバーをしつつ、ブログの執筆をしています

・ギター歴30年の経験を活かして、初心者さんに向けたギターのノウハウ全般
・著者がふと気づいた生活お役立ち情報
・軽貨物運送に関する初心者さんに向けた情報

これらを発信していきます

奥田民生さんをはじめ、様々な音楽が大好きな中年ブロガーです

どうぞよろしくお願いします
記事URLをコピーしました